快適ライブチャット研究 - キスして、抱きしめて、そして、セックスして
FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > キスして、抱きしめて、そして、セックスして

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

すず URL 2009-07-21 (火) 10:51

おはようございます★

ノンフィクションであろうと思われる
物語を読むのがこれほど恥ずかしいこととは…☆

実はワタクシも「官能部分」の描写が苦手で…
今四苦八苦している最中です。

有為さんらしい文章だと思います。
変わらないリリカルさが素敵。

逆に結合部分の描写とか事細かに書いてあったら
なんか、ショックかもですww


エヌ URL 2009-07-21 (火) 13:54

ああもう、取り乱して申し訳ありません。

ぜぜぜ前回のエントリ流れから女性の装いの細部を勘案すると・・・
余計なお世話でしたねww

いつもながらフェミニンな女性を大切に描写するテキスト。平伏です。
肌の艶やかな白さと明確なコントラストの傷痕の妙。
色彩の表現法なら右に出る方はいませんね。

ムコウのエントリも読むのが楽しみでww

#私は描写しますしますすますったらします。「ぬっぽり」とww

タクイチロゥ URL 2009-07-21 (火) 19:09

相変わらずの「有為節」で読ませますね!
都会的で、時間の間隔がなくなるような有為さんの世界は、精神的な繋がりや、男女二人の微妙な揺らめきに満ちていて、肉体的な繋がりだけが「官能」の世界ではないことを改めて思い知らされます。

キス大好きですよね?有為さんwタクもですwww

azusa♪ URL 2009-07-21 (火) 21:35

綺麗な描写にポォ~っとしながら読んでました(*^-^)
とっても素敵です♪

こんな時間が過ごしてみたいって思いました☆

有為。 URL 2009-07-22 (水) 00:17

こんばんは。
コメントありがとうございます。

「ノンフィクションであろう」はずのないフィクションです(笑)
なので、「恥ずかしい」と言われると、こちらこそ赤面してしまいます。

官能のパートは、むつかしいですね、やっぱり。
四苦八苦、気持ちはよくわかります。

リリカルと言われるのがもっとも嬉しいですね。
表現というか、理想の女性像がそうさせるのかもしれません。

「結合部」って(笑)
すずさん、官能表現がお得意ではないですか?


有為。 URL 2009-07-22 (水) 00:21

コメントありがとうございます。

ノンフィクション疑惑、ありがとうございます(笑)
フィクションですよ、本当に。
女性の装いの細部を検証して頂ければ、写真の彼女の服が「脱がせやすい」ものであることがわかります。
あっ、前回の記事の「実に、美味しい」というのは、素直に「料理」のことですから(笑)

と、冗談はさておき、光と影や色のコントラストというのは、書いていてもっともきもちよくなる部分で、だからこそむつかしいのですが、そこを褒めて頂き、ありがとうございます。

エヌさんの描写も、誰が書いたのかすぐにわかる、素晴らしいテクストです。


有為。 URL 2009-07-22 (水) 00:24

コメントありがとうございます。

急なエントリーで申し訳ありません。
イヤ、実に皆さんの文章が素晴らしいので、つい・・・
官能的かどうかが、問題ではあるのですが、主催者の方にOKをもらい、ほっと一息ついています。

時間と記憶のゆらめき、それをとらえることができれば、といつも思っています。

キスですか?(笑)
大好きですね、精神的な「結合」ですから(笑)


有為。 URL 2009-07-22 (水) 00:27

はじめまして。
コメントありがとうございます。

タクイチロゥさんのブログで何度かお名前は拝見していました。

この描写は、読みにくいと言われる方も多々いらっしゃるので、褒めてもらえて嬉しいです。

「こんな時間」は、女性なら誰しもが経験できるのでは、と思います。
素敵な時間は「お姫さま」である女性に許されるものですから(笑)


yuu URL 2009-07-31 (金) 00:16

何と表現しましょうか。。
恐らく、二度。。三度と読むたびに、その瞬間に感じることが違うのかもしれないと思いました。

上手く表現出来ませんが。。。
キラキラと光る宝石越しに、光景を覗いているような映像が脳裏に残りました(〃ω〃)

。。。分かりにくい表現で申し訳ありません(;´・ω・)

有為。 URL 2009-07-31 (金) 00:38

はじめまして。
コメント頂き、ありがとうございました。

「二度。。三度と読むたびに、その瞬間に感じることが違うのかもしれない」
そうした感想は本当に嬉しいです。
何度も文章を読み返してもらえることほど、魅力的な文章ではないと思いますが、
そう言ってもらえるだけで、ありがたいです。

こうした描写しかできないため、読みにくいかとも思いますが、「キラキラと光る宝石越し」という表現はとても照れますね。

ありがとうございます。

こちらのブログは更新が滞りがちですが、もうひとつのブログは更新しておりますので、そちらを読んでもらえると、嬉しいです。

ありがとうございました。


Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/360-8f953603
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 快適ライブチャット研究

Home > スポンサー広告 > キスして、抱きしめて、そして、セックスして

Home > チャット・ストーリー > キスして、抱きしめて、そして、セックスして

キスして、抱きしめて、そして、セックスして


ほんのわずかに青色がかった透明な複層ガラスのはめ込まれた大きな窓から、「弱」に設定され音がほとんど立つことのない最新式のエアコンディショナーの送風にかすかに揺れる、薄いコットン地のカーテンを通して午前中のシャープな光線が室内に射し込み、柔らかいカーペットに放り出されたままのつやつやとした光沢のあるシルバー色のミュール――新調したてのミュールを履いて長い時間歩くと疲れるし、もしかしたら、靴擦れを起こしてしまうかもしれないから、履くかどうかとても迷ったのだけれど、今日のこの〈白地に濃灰色のヒョウ柄〉ワンピースに似合うのはこのミュールしかないし、とあなたは言う――に反射し、調光を落とした仄暗い室内のなかでぼんやりとした光の溜まりをつくっていて、裏打が革製のミュールはそのまま放っておけばクセがついてしまうからきちんと揃えておかなければ、と、ふと気付き、柔らかな白い布地のカヴァーをかけたセミダブルのベッド――左右の手のひらと細身でも肉付きのよい尻をベッドについて、ふかふかして真っ白できもちいい、とあなたは言い、軽く尻をもちあげて下ろして〈スプリングの心地良さ〉を確かめる――に横になって規則的な薄い寝息を立てているあなたを起こさないように、スプリングを撓わなせずにベッドから抜け出してミュールを拾い上げると、左脚の土踏まずの真裏に位置する甲のあたりに、昨日のルームサービスで注文した「新鮮なヤリイカとイクラのカルパッチョ」のぷっくりとしたイクラの色よりもずっと濃い、明度の落ちたマゼンタ色のぽっちりとした小さな点が裏打の革に滲んでいて、ミュールを揃えてカーペットに置きながらベッドシーツからのぞくあなたのすっきりとした脚(疲れが溜まるとふくらはぎのむくみがとれなくてイヤになっちゃう、とあなたは脚をゆっくりと手でさすりながら言う)の甲に視線を向ける。
あなたの、脚の甲のぽっちりとした擦り傷に指で触れないように大きさを確かめ、ゆっくりと唇で触れ舌先でなぞると、わずかに汗の味がして、舌先が傷に触れる度にあなたはピクリとふくらはぎを震わせる。


消毒液をフロントで頼まなければならないし、起きたばかりで渇いた喉はいくらか息苦しく、内線電話と眠る前に飲んでいたシャンパンが半分ほど残っているグラスの置いてあるテーブルの近くのベッドの端に腰を下ろし、ぬるいシャンパンを口に含みゆっくりと喉を鳴らすと、ねぇ、と掠れた声が肩越しに聞こえ、ねぇ、あたしにも、それを頂戴、喉が渇いちゃった、とあなたは言い、おはよう、と声をかけて振り向き、横になったままではグラスから上手く飲めないよ、と私が答えると、ハニーブラウンの光に反射すると銀色が混じる切れ長の目をゆっくりと閉じて起き上がる素振りも見せずに、ねぇ、飲ませて、とピンクベージュのリップグロスがまだわずかに残ってつやつやとしている唇を薄く開き、シャンパングラスを唇の隙間にあてゆっくりと傾けると口の端からシャンパンが一筋の透明な線となって洩れ、あなたは溢れたシャンパンを拭うおうともせずに〈美味しい〉と言い、私が右手の人差し指で溢れた箇所を拭うと、口移しで飲ませてくれればよかったのに、と悪戯っぽく笑い、やっと上半身を起こして私の唇に触れるほど顔を近付け、あなたは唇の動きが空気の揺れではっきりとわかるほどの近さで、ねぇ、口移しで飲ませて、と言う。
柔らかな唇の質感を確かめてから舌先で上唇と下唇を薄く開くように合図し、ゆっくりと口に含んでいたぬるいシャンパンをあなたの口に流し込むと、触れている唇を通して喉を鳴らす震えが伝わり、私は唇に体重をかけてあなたをベッドに押し倒し、唇を離さずに、まだ、靴擦れの擦り傷は痛む? と尋ねると、昨日はベッドカヴァーに擦れる度にほんのちょっと痛んだけれど、もう、大丈夫、と言い、でもね、あなたがもう一度あたしの脚の傷に口付けして、イタイのイタイのトンデイケっておまじないをかけてくれれば、きっと、痛みもなくなると思う、と続ける。


〈ふたりで、そう、ふたりでシャンパンの泡立つような口付けを交わし、唾液に甘ったるい味が混じり、あなたの柔らかい舌はとても甘い味がして、ふたりの口のなかでシャンパンが完全になくなるまで、キスをするように抱きしめ抱擁をするように唇を重ねる。お互いの身体の、肌の境界線がひとつに混じり溶け合い曖昧になるほど抱擁し、ベッドシーツの間から手を入れて、指先であなたの脇腹のラインをなぞる。
声ではなく吐息が洩れてシャンパンの匂いが鼻腔をつき、私は微かに鼻を震わせたのだろうか? だから、あなたは私の鼻の頭に柔らかく唇をあてたのだろうか?〉


「ねぇ、あたしの脚の甲にキスをして」とあなたは言う。
「昨日、あなたがあたしの身体のなかでキスをしてくれなかった脚の甲」とあなたは笑う。
「まだ、残ってたの、知ってる? ねぇ、全部にキスして」とあなたは言う。
「あたしの全部に口付けして」とあなたは笑う。


〈白地に濃灰色のヒョウ柄の、前身頃と後身頃をつなぐ肩口と脇口のダーツ部分が特徴的なワンピースは、可愛らしい飾り襟がついていて襟口が狭く裁たれている〉ものだから、髪の毛が飾り襟に絡み付かないように、ローン地を傷めないように無理に引っ張らずにゆっくりと脱がしながら指先や唇であなたの身体のすみずみまで愛撫した感触と、「脱がせて」と言ったあなたの声がふいに記憶として甦り、私はベッドシーツが身体を覆っている裸のままのあなたを抱擁し、耳元で「このワンピースとミュールはとっても似合ってた」と言い、体勢を変えてあなたの左脚の土踏まずを指でつかみ、ゆっくりとぽっちりとした擦り傷に唇を近付けキスをし、舌先で触れる。
あなたに、と言葉をきり、このワンピースとミュールを身につけたあたしを見て欲しかったの、触れて欲しくて、キスして、抱きしめて欲しかったの、とあなたは言う。
ベッドシーツの生地の擦れる甘美な音とワンピースを身に着けている姿を想像しながら、裸のままのあなたを強く抱きしめると、汗の匂いに混じったボディーソープの甘ったるい香りと同時にほんの少しだけ「雨」の湿り気を帯びた匂いがして、あなたは左脚を私の両脚の間に滑り込ませ、治ったばかりの左脚の甲で私のふくらはぎやふとももを愛撫し、ぴったりと身体を押し付ける。


〈シャワー室の扉は開いていないはずだし、外では雨など降っていないのだから、この息苦しくめまいがするほどの湿り気のある空気がどこからくるのかわからないのだが、あなたは揺らめく声色で囁く〉
やっと、あたしの身体にあなたは触れてくれた、髪の毛も鼻も唇も首筋も肩も鎖骨も二の腕も肘も手の指も胸も脇腹もお腹も敏感なトコロも太腿も脹ら脛も脚の指も、そして脚の甲も――ねぇ、あたしの全部に触れて欲しいの、あたしのすべてを感じて欲しいの、わかる? あなたのなかであたしが溢れてしまうくらいに、すべてを全部をそのまま抱きしめて――


あなたはやっとここまで辿り着いた、とあなたは言う。
あたしたちがこうなること、あなたは想像してた? とあなたは言う。
キスして、抱きしめて、そして、セックスして、とあなたは言う。


あなたのキスであたしを埋め尽くして――






というわけで、今回の記事は、「ライブチャット用語集・・・初めてのライブチャット入門」の管理人タクイチロゥさんが主催する企画、「第一回 読むだけでイケる官能小説コラボ」に参加させて頂くために書いたものです。


相も変わらず、官能的な描写に欠ける文章ですが、読んで下さる皆様に楽しんでもらえれば幸いです。
それにしても、企画に参加されているブロガーの皆様の文章は読み応えがあって、驚嘆というか震撼とさせられました。

こうした企画は、文章と文章とが自然とつながるもので、書いている作者の意図していない「何かが」記事に表れるのが、何とも面白いと思った次第。
これからも、こうした企画が増えていくと素晴らしいですね。


この記事は、官能小説コラボに参加しています。

官能小説コラボ-その1



Comments:10

すず URL 2009-07-21 (火) 10:51

おはようございます★

ノンフィクションであろうと思われる
物語を読むのがこれほど恥ずかしいこととは…☆

実はワタクシも「官能部分」の描写が苦手で…
今四苦八苦している最中です。

有為さんらしい文章だと思います。
変わらないリリカルさが素敵。

逆に結合部分の描写とか事細かに書いてあったら
なんか、ショックかもですww


エヌ URL 2009-07-21 (火) 13:54

ああもう、取り乱して申し訳ありません。

ぜぜぜ前回のエントリ流れから女性の装いの細部を勘案すると・・・
余計なお世話でしたねww

いつもながらフェミニンな女性を大切に描写するテキスト。平伏です。
肌の艶やかな白さと明確なコントラストの傷痕の妙。
色彩の表現法なら右に出る方はいませんね。

ムコウのエントリも読むのが楽しみでww

#私は描写しますしますすますったらします。「ぬっぽり」とww

タクイチロゥ URL 2009-07-21 (火) 19:09

相変わらずの「有為節」で読ませますね!
都会的で、時間の間隔がなくなるような有為さんの世界は、精神的な繋がりや、男女二人の微妙な揺らめきに満ちていて、肉体的な繋がりだけが「官能」の世界ではないことを改めて思い知らされます。

キス大好きですよね?有為さんwタクもですwww

azusa♪ URL 2009-07-21 (火) 21:35

綺麗な描写にポォ~っとしながら読んでました(*^-^)
とっても素敵です♪

こんな時間が過ごしてみたいって思いました☆

有為。 URL 2009-07-22 (水) 00:17

こんばんは。
コメントありがとうございます。

「ノンフィクションであろう」はずのないフィクションです(笑)
なので、「恥ずかしい」と言われると、こちらこそ赤面してしまいます。

官能のパートは、むつかしいですね、やっぱり。
四苦八苦、気持ちはよくわかります。

リリカルと言われるのがもっとも嬉しいですね。
表現というか、理想の女性像がそうさせるのかもしれません。

「結合部」って(笑)
すずさん、官能表現がお得意ではないですか?


有為。 URL 2009-07-22 (水) 00:21

コメントありがとうございます。

ノンフィクション疑惑、ありがとうございます(笑)
フィクションですよ、本当に。
女性の装いの細部を検証して頂ければ、写真の彼女の服が「脱がせやすい」ものであることがわかります。
あっ、前回の記事の「実に、美味しい」というのは、素直に「料理」のことですから(笑)

と、冗談はさておき、光と影や色のコントラストというのは、書いていてもっともきもちよくなる部分で、だからこそむつかしいのですが、そこを褒めて頂き、ありがとうございます。

エヌさんの描写も、誰が書いたのかすぐにわかる、素晴らしいテクストです。


有為。 URL 2009-07-22 (水) 00:24

コメントありがとうございます。

急なエントリーで申し訳ありません。
イヤ、実に皆さんの文章が素晴らしいので、つい・・・
官能的かどうかが、問題ではあるのですが、主催者の方にOKをもらい、ほっと一息ついています。

時間と記憶のゆらめき、それをとらえることができれば、といつも思っています。

キスですか?(笑)
大好きですね、精神的な「結合」ですから(笑)


有為。 URL 2009-07-22 (水) 00:27

はじめまして。
コメントありがとうございます。

タクイチロゥさんのブログで何度かお名前は拝見していました。

この描写は、読みにくいと言われる方も多々いらっしゃるので、褒めてもらえて嬉しいです。

「こんな時間」は、女性なら誰しもが経験できるのでは、と思います。
素敵な時間は「お姫さま」である女性に許されるものですから(笑)


yuu URL 2009-07-31 (金) 00:16

何と表現しましょうか。。
恐らく、二度。。三度と読むたびに、その瞬間に感じることが違うのかもしれないと思いました。

上手く表現出来ませんが。。。
キラキラと光る宝石越しに、光景を覗いているような映像が脳裏に残りました(〃ω〃)

。。。分かりにくい表現で申し訳ありません(;´・ω・)

有為。 URL 2009-07-31 (金) 00:38

はじめまして。
コメント頂き、ありがとうございました。

「二度。。三度と読むたびに、その瞬間に感じることが違うのかもしれない」
そうした感想は本当に嬉しいです。
何度も文章を読み返してもらえることほど、魅力的な文章ではないと思いますが、
そう言ってもらえるだけで、ありがたいです。

こうした描写しかできないため、読みにくいかとも思いますが、「キラキラと光る宝石越し」という表現はとても照れますね。

ありがとうございます。

こちらのブログは更新が滞りがちですが、もうひとつのブログは更新しておりますので、そちらを読んでもらえると、嬉しいです。

ありがとうございました。


Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/360-8f953603
Listed below are links to weblogs that reference
キスして、抱きしめて、そして、セックスして from 快適ライブチャット研究

Home > チャット・ストーリー > キスして、抱きしめて、そして、セックスして

ブックマーク雑録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。