快適ライブチャット研究 - ブログポリシー(?)――頂いたご指摘の回答として
FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > ブログポリシー(?)――頂いたご指摘の回答として

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

2009-05-17 (日) 10:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

タクイチロゥ URL 2009-05-17 (日) 11:54

開かれた場所だから、記事・コメントには責任が生じますが、発信先を限定して想定するのは、個人のブログとしてはしょうがないことです。
想定外の読者への配慮は(できる限りしたいですが)、なかなか手が回らないのが現状ですよね。
そしてそういう読者からの指摘は痛いとこを突かれますし。

チャットレディのブログへのコメントの件は全く同感です。
ブログを立ち上げられた経緯はそれぞれでしょうが、コメントを受け付けられているなら、どういった立場の者も書き込みは自由ですし、それが自身の負担や気負いになるのであれば、限定公開や、コメントを受け付けないことで対応しておられると思います。
まして、コメントに対する返事や、コメントを残された方のブログへの訪問、コメントなどは、全く強制されるものではないですし、コメントを残した側も過度に期待してはいけないということで。
むしろ、多くの方にコメントされたほうがうれしい、と思っている方のが多いような気もしますし。

チャットレディーのブログに関する記事は一度書いてみたいです。

有為。 URL 2009-05-17 (日) 20:04

コメントありがとうございます。

ブログというのはメディアだと、頭ではわかっているのですが、感情的におさめられないトコロもあって、書き続けるのは大変なことなのだ、と痛感しました。
タクイチロゥさんのように長い期間ブログを書き続けているのは、凄いことだな、と改めて。

コメントしてくれたからという感謝の気持ちだけではなく、コメントしたいと思われないと、実際には文章を残すことはないと思います。
ブログの記事はいくつか読みますが、実際にコメントすることのほうが少ないですし。

そう言った意味では、コメントが多くついて嬉しいと思っ手くれていると前向きに捉えたほうが健全ですし建設的ですよね。

ブログポリシーのようなものを書く機会をもらえた、とある男性会員の方にはある意味感謝しています。

有為。 URL 2009-05-17 (日) 20:34

コメントありがとうございます。

温かいご意見励みになります。
コメントなどは難しいものだな、と思いました。

元気をもらえるようなコメントでココロが軽くなりました。
ありがとうございます。

エヌ URL 2009-05-17 (日) 23:56

色々なご意見あると思います。

私は聞きたいです。有為。さんのコメント。

そして私も書き込みたい。

そこからお話が膨らんでいくのが楽しみです。

2009-05-18 (月) 18:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

有為。 URL 2009-05-19 (火) 01:02

コメントありがとうございます。

私も「書きたい」です。

そして、膨らんだお話しを読みたいのです。

有為。 URL 2009-05-19 (火) 01:04

コメントありがとうございます。

お気遣いありがとうございます。
頂いたコメントのようなことはありませんので。
ご心配なさらずに。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/321-d50d0d07
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 快適ライブチャット研究

Home > スポンサー広告 > ブログポリシー(?)――頂いたご指摘の回答として

Home > ブログ運営 > ブログポリシー(?)――頂いたご指摘の回答として

ブログポリシー(?)――頂いたご指摘の回答として


当ブログに足を運んで頂き、ありがとうございます。


いつものように、読んで頂いたあなたへの感謝の気持ちを込めて――
I Love You


先日来、このブログを読まれた、とある匿名男性の方とメールのやりとりをしていまして、とても貴重な意見や感想を伺えたこと、また、歯に着ぬ着せぬ批判的とも言えるご指摘を受け、ブログポリシーというと大袈裟なのですが、個人的な考え方を記しておきたいと思った次第。


 ブログというひとつのメディア

「媒体」という訳があてられることの多いメディアという言葉は、一般的に広範な意味で用いられています。
文字や音を記録する「本」や「音楽CD」などをメディアという場合もあれば、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、インターネットなどの情報を発信する媒体もメディアと言われており、情報の記録、発信、伝達、受信などにかかわる全てのものの総称としてメディアという言葉が広く認知されていると思います。
ブログも、インターネットやモバイル等を媒介として情報を発信していることを考えればひとつのメディアであって、誰もが目にすることのできるオープンな場所としてさまざまな人に利用されています。


 開かれた場所であるからこそ

ブログは開かれた場所であるからこそ、誰もが自由に見ることができ、コメントやトラックバックなどで、書かれた記事に対する読者の方の意見や考え方または批判を受け取ることが可能です。
記事を読んだ読者の方がどのような感想をもったのか、文章の誤記や間違いについての指摘など、書いている送り手と読んでいる受け手とをつなぐものがブログというメディアであって、コミュニケーション・ツールとしての役割をもこのメディアは担っています。


 コメントあるいはメールにおけるポリシー

当ブログはコメント欄及びメールフォームを設置しています。これは上記のようにコメントやトラックバックが記事を補完し読んでいる方にとって役立つ情報がアップされること、メールなどで意見や批判を伺えることで記事へのフィードバックが可能なこと、というのがその主な理由です。
当然、書き手と読み手とのコミュニケーションをはかる機能としてもコメントやトラックバックを活用して頂ければ、と思っています。
また、コメントに関しては、明らかなスパムコメント以外は削除致しません。記事内容についての誤りの指摘や批判的なものは書き手にとっての成長につながりますから、自由に書いて頂くことを望んでいます。


 記事についてのポリシー

アダルトライブチャットに興味のある方、これからライブチャットを始めようと思っている方、既にサイトを楽しんでいるユーザーの方だけではなく、さまざまな方の役に立つあるいは読んだことで気持ちが豊かになるような記事を書きたいと思っています。
自由に楽しんでもらえるように、と、ブログの記事を書くわけですが、なかには人を不快にする表現などが含まれる場合もあるか、と思います。記事内容に明らかに社会的に不適切な表現、多くの方を傷つける文章などがあった場合、ご指摘頂ければ、指摘箇所を確認し判断した上で削除訂正致します。


以上が基本的なブログポリシーとして、一度読者の皆様に目を通して頂ければ、と感じた内容です。
ポリシーとは言え、必ず守らなければならないルールというわけではなく、読者の方はブログのひとつの指針として捉えて頂ければ幸いです。



 当ブログにメールで頂いた批判に関しての回答として

前述しましたが、先日来、とある匿名男性の方とメールのやりとりをしているなかで、当ブログに対しての批判を伺う機会がありました。批判内容は読者の方にも伝えたい内容が含まれていたため、その男性から記事として回答を書くことを了承してもらい、今回、文章をアップした次第です。

批判の内容についてはふたつの項目があるため、以下、項目毎に回答致します。


1)書き手(有為。)がチャットレディーの方のブログにコメントを残すことについて

『快適ライブチャット研究』の記事なかで、「女の子に精神的・身体的な負担をかけないこと」という文言が頻出すますが、チャットレディーの方の運営しているブログに有為。さんがコメントを残しているのをよく目にします。
コメントを残すことが習慣化されると、チャットレディーの方も書かれた人がブログを運営している場合には、そこにコメントを残さなくてはいけない、と、精神的な負担になるのではないでしょうか?
また、チャットのお客さんとしてコメントを残しているのであれば、営業として捉えられますが、そうではない場合、女の子の精神的・身体的な負担になるかと思いますが、いかがお考えですか?



上記の指摘にある通り、「女の子の精神的・身体的な負担をかけないようにする」ことがライブチャットでは必要だということを書いています。
チャットレディーの方の運営しているブログへのコメントは、ブログ管理人としてのものであって、男性会員として残しているわけではない、というのも事実です(コメントの書き手の欄に当ブログのURLを記載している)
確かに、指摘内容のように、コメントを残した書き手にブログやサイトのURLが記載されている場合、その書き手の運営しているブログにコメントを残してくれるチャットレディーの方もいらっしゃると思います。また、コメントが習慣化することで、お互いに相手の記事にコメントをつけなければならないという心理的な働きがない、とは言い切れません。
但し、コメントのポリシーのところでも触れましたが、基本的にブログは誰にでも開かれたものであって、それはコメントを残す、残さないこと双方の自由を保証するものです。
私がチャットレディーの方のブログにコメントを残したからといって、その女性の方がこのブログにコメントを残さなければならないという強制は何一つないのですから、自分にとって興味のある記事内容の場合にはコメントを残すことが常識の範囲で考えても不適切な行為であるとは思っておりません。もし、私のコメントのなかに不快な表現や不適切な文章が書かれていた場合には、該当箇所をご指摘下さい。


2)ブログ運営者と男性会員としての切り分け

ライブチャットの男性会員はチャットレディーの方とメールやチャットなどコミュニケーションをとる場合は有料ですが、FC2などの無料ブログ運営者がチャットレディーの方とブログを通してコミュニケーションをとる場合には無料です。
有為。さんは、無料で女の子とコミュニケーションをとっていることをどのように感じていますか?



私にはアダルトライブチャットブログの運営者とサイトの男性会員というふたつの立場があります。
ご指摘の通り、有料・無料という相違はありますが、基本的に運営者と男性会員の立場とは切り分けて考えているつもりです。
例えば、私のメインサイトであるエンジェルライブでは「有為。」というハンドルネームを使用していませんし、仲の良いお気に入りの女の子はこのブログの存在を知りません。今後も特に必要を感じない限りブログをチャットレディーの方に教えることはないと思います。
これはあくまで個人的な見解ですが、もし、「有為。」というブログを運営している男性会員としてブログを書く場合、現在のように自由に文章を書くことがさまざまな理由で制限されるのではないか、というのがその理由です。

チャットレディーの方と無料でコミュニケーションをとっているではないか、というご指摘ですが、あくまで「チャットレディーという仕事をしているブログ運営者」とブログを通してコミュニケーションをはかっていると認識しています。
つまり、私も相手の方も同じブログ運営者という立場でコメントなり何なりをしているとお考え下さい。


以上、ご指摘頂いた点についての回答です。
不明瞭な点などありましたら、メールにて問い合わせを頂ければ、対応致します。



コメントの返信が遅れており、申し訳ありません。
上述した内容についての問い合わせがあったため、しばらくコメントを控えさせて頂きました。
頂いたコメントに関しては少しずつ返信するよう致しますので、もう少しお待ち下さい。
ご迷惑をおかけ致します。


有為。



Comments:8

2009-05-17 (日) 10:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

タクイチロゥ URL 2009-05-17 (日) 11:54

開かれた場所だから、記事・コメントには責任が生じますが、発信先を限定して想定するのは、個人のブログとしてはしょうがないことです。
想定外の読者への配慮は(できる限りしたいですが)、なかなか手が回らないのが現状ですよね。
そしてそういう読者からの指摘は痛いとこを突かれますし。

チャットレディのブログへのコメントの件は全く同感です。
ブログを立ち上げられた経緯はそれぞれでしょうが、コメントを受け付けられているなら、どういった立場の者も書き込みは自由ですし、それが自身の負担や気負いになるのであれば、限定公開や、コメントを受け付けないことで対応しておられると思います。
まして、コメントに対する返事や、コメントを残された方のブログへの訪問、コメントなどは、全く強制されるものではないですし、コメントを残した側も過度に期待してはいけないということで。
むしろ、多くの方にコメントされたほうがうれしい、と思っている方のが多いような気もしますし。

チャットレディーのブログに関する記事は一度書いてみたいです。

有為。 URL 2009-05-17 (日) 20:04

コメントありがとうございます。

ブログというのはメディアだと、頭ではわかっているのですが、感情的におさめられないトコロもあって、書き続けるのは大変なことなのだ、と痛感しました。
タクイチロゥさんのように長い期間ブログを書き続けているのは、凄いことだな、と改めて。

コメントしてくれたからという感謝の気持ちだけではなく、コメントしたいと思われないと、実際には文章を残すことはないと思います。
ブログの記事はいくつか読みますが、実際にコメントすることのほうが少ないですし。

そう言った意味では、コメントが多くついて嬉しいと思っ手くれていると前向きに捉えたほうが健全ですし建設的ですよね。

ブログポリシーのようなものを書く機会をもらえた、とある男性会員の方にはある意味感謝しています。

有為。 URL 2009-05-17 (日) 20:34

コメントありがとうございます。

温かいご意見励みになります。
コメントなどは難しいものだな、と思いました。

元気をもらえるようなコメントでココロが軽くなりました。
ありがとうございます。

エヌ URL 2009-05-17 (日) 23:56

色々なご意見あると思います。

私は聞きたいです。有為。さんのコメント。

そして私も書き込みたい。

そこからお話が膨らんでいくのが楽しみです。

2009-05-18 (月) 18:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

有為。 URL 2009-05-19 (火) 01:02

コメントありがとうございます。

私も「書きたい」です。

そして、膨らんだお話しを読みたいのです。

有為。 URL 2009-05-19 (火) 01:04

コメントありがとうございます。

お気遣いありがとうございます。
頂いたコメントのようなことはありませんので。
ご心配なさらずに。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/321-d50d0d07
Listed below are links to weblogs that reference
ブログポリシー(?)――頂いたご指摘の回答として from 快適ライブチャット研究

Home > ブログ運営 > ブログポリシー(?)――頂いたご指摘の回答として

ブックマーク雑録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。