快適ライブチャット研究 - ねぇ、私を月に飛ばして
FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > ねぇ、私を月に飛ばして

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

musashi URL 2009-04-11 (土) 21:33

「私を月に飛ばして」って、すごい女性すね!

そういう事をシラフで言える人って、魅力的だと思います♪
元々魅力的だから、不思議を言われると余計に魅力的に見えるのかな?

謎や不思議がある関係、本当に素敵ですねー


関係ないけど、俺は月の中身は空洞だと、今だまじめに信じてますw
俺の昔見たリアルUFOが大量に中巣食ってる月を、夜に時々見上げます

想像が許される余地を残した世界や異性は、本当に素敵です

有為。 URL 2009-04-12 (日) 00:51

コメントありがとうございます。

不思議なコトを言われると、一瞬ドキリとしますね。
もちろん、その不思議なコトを言っても許されるのは、多分に個人的な資質もあるのでしょうが。

予測や予想のできない魅力というのは確かにあると思います。

SF的な想像力の飛躍というのは、実際はとても大切ですね。
コペルニクスもダーウィンも初めは妄想家として排斥されたわけですし。
結局のところ、現実世界もエロの世界も「想像力」がとても大事、ということでしょうか。

すず URL 2009-04-12 (日) 10:42

月は「ルナ」とも言われるときもあります。
Moonが月そのものなら
Lunaは擬人化した月。月の女神です。

こんな小粋な台詞が言える彼女。

月の女神だったんじゃ?
もしくはかぐや姫。
「遠くに行きたいの」
有為さんを連れて行くことが出来なかったかぐや姫は
月に帰ってしまったのかも…。

有為。 URL 2009-04-12 (日) 13:44

すずさん、コメントありがとうございます。

月の女神は、セレネ、アルテミス、ヘカテ、と3つの神がギリシャ神話では同一視されます。

さまざまな顔をもつ彼女。

不思議なのは、あの「遠く」に帰ってしまった彼女はいつも地球を見ているような気がします。

月の掟に従って――多分、僕は「かぐや姫」の与えた試練に耐えられなかったのでしょうね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/269-9a29333f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 快適ライブチャット研究

Home > スポンサー広告 > ねぇ、私を月に飛ばして

Home > チャット・ストーリー > ねぇ、私を月に飛ばして

ねぇ、私を月に飛ばして


どこかで聴き慣れたメロディーが鳴り、『 Fly Me To The Moon』の携帯電話の着信音とは思えないほど柔らかな音がいくらか憂鬱な気分をともなって耳を撫でる。条件反射なのか、つい、その曲を聴くと彼女のことを思い出しているのに気付くのは、携帯の着信音が鳴る度に、気取った調子もないさりげない雰囲気で歌に合わせてハミングする彼女の姿が自然と浮かぶからで、その記憶が、そう、「月に近づく」ほど遠くへ飛ばすことができれば、私のココロも月の重力とまではいかないけれど、いくらか軽くなるのではないか、と、ついつい考えてしまう。


「もう、あなたには会わない」


そう打たれた彼女のメールに返信をしてから、彼女からの連絡は途絶え、私は憂鬱な――彼女と会っている時に感じる微かに気怠い憂鬱さとは異なる――記憶をひとりでもてあそび、何か彼女に結びつくようなシルシを発見する度に一喜一憂し、そして、何度も何度も彼女との事柄(本当に起こった出来事なのか、今でもはっきりとはわからない)を反芻する。


『Fly Me To The Moon』をハミングしている時は、決まって彼女はご機嫌で、シティホテルのベッドで寝転んでいる時も、スプリングがいやに利き過ぎたベッドの端にちょこんと腰掛けているいる時も、笑いながら、私を見つめる。


「ねぇ、私を月に飛ばして」


シャワーを浴びた後で、ゆっくりとお互いの体温を確かめ合い、その温かな肌の感触が皮膚を通り越して血液のなかに流れ込んでくるような不思議な感覚を味わいながら、彼女は私にキスをして、「月に飛ばして」と甘ったるい声でささやく。


「あなたと、遠くに行きたいの。どこまでも、どこまでも遠く」


彼女は何かを試すように、度々私にそう語りかけ、ピンク色の健康的な爪で私の背中から肩にかけての部分を優しくなぞり、なぞり続ける。


『Fly Me To The Moon』


私は彼女を月に連れて行くことが、果たして出来たのだろうか?




Comments:4

musashi URL 2009-04-11 (土) 21:33

「私を月に飛ばして」って、すごい女性すね!

そういう事をシラフで言える人って、魅力的だと思います♪
元々魅力的だから、不思議を言われると余計に魅力的に見えるのかな?

謎や不思議がある関係、本当に素敵ですねー


関係ないけど、俺は月の中身は空洞だと、今だまじめに信じてますw
俺の昔見たリアルUFOが大量に中巣食ってる月を、夜に時々見上げます

想像が許される余地を残した世界や異性は、本当に素敵です

有為。 URL 2009-04-12 (日) 00:51

コメントありがとうございます。

不思議なコトを言われると、一瞬ドキリとしますね。
もちろん、その不思議なコトを言っても許されるのは、多分に個人的な資質もあるのでしょうが。

予測や予想のできない魅力というのは確かにあると思います。

SF的な想像力の飛躍というのは、実際はとても大切ですね。
コペルニクスもダーウィンも初めは妄想家として排斥されたわけですし。
結局のところ、現実世界もエロの世界も「想像力」がとても大事、ということでしょうか。

すず URL 2009-04-12 (日) 10:42

月は「ルナ」とも言われるときもあります。
Moonが月そのものなら
Lunaは擬人化した月。月の女神です。

こんな小粋な台詞が言える彼女。

月の女神だったんじゃ?
もしくはかぐや姫。
「遠くに行きたいの」
有為さんを連れて行くことが出来なかったかぐや姫は
月に帰ってしまったのかも…。

有為。 URL 2009-04-12 (日) 13:44

すずさん、コメントありがとうございます。

月の女神は、セレネ、アルテミス、ヘカテ、と3つの神がギリシャ神話では同一視されます。

さまざまな顔をもつ彼女。

不思議なのは、あの「遠く」に帰ってしまった彼女はいつも地球を見ているような気がします。

月の掟に従って――多分、僕は「かぐや姫」の与えた試練に耐えられなかったのでしょうね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/269-9a29333f
Listed below are links to weblogs that reference
ねぇ、私を月に飛ばして from 快適ライブチャット研究

Home > チャット・ストーリー > ねぇ、私を月に飛ばして

ブックマーク雑録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。