快適ライブチャット研究 - 星に願いを――チャットレディーへの恋心
FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 星に願いを――チャットレディーへの恋心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

musashi URL 2009-01-21 (水) 02:24

俺はスカウトを職業に、ナンパを趣味にしていた時期が長くあったんですが、出会いはやっぱり確立なんだという結論に至りました。
声をかければかけるほどに番号交換を出来る女性は増えますし、番号交換が出来た女性のうち、またある一定割合の女性は直接的に男女の関係へと発展する・出来るという結論です。
世間の男子が躊躇するほどには、女性は遠くないのかもしれません。
俺のリアル知り合いのチャトレも客と出会って、今は付き合っていますし。
兄貴の言う最低限のマナーと、誠実な口説きをもってすれば、相手も生身の女として応えてくれる確立は多くあると思いました。

有為。。。 URL 2009-01-21 (水) 10:11

スカウトを職業にされていたという方からの話しだと説得力がありますね。
確かに、分母の絶対数が多ければ、それだけ可能性は広がりますし…
それにしても、これだけチャットレディーの方の新規登録がある世界ですから、面白いものですね。
いろいろな女性の方がいらっしゃいますし。
musashiさんのサイトのようにコメントを添えてチャットレディーを紹介するのは情報として、貴重ですよ。

エヌ URL 2009-01-21 (水) 19:18

う~ん
これまた深い造詣ですね。
我々の年代は「恋愛の自由」を受験や規則ごとに奪われてその機会を置いてきてしまった後悔が多分にあります。

だからと言って今改めて取り戻したいとか
そういうつもりで無いから擬似なんですがねww
でもそれと決め付けなくても楽しい。
妻帯者となった今では「実らぬ恋」が当然なのですがww

有為。。。 URL 2009-01-22 (木) 01:26

トラックバックありがとうございます。

手に入らないから、または入りにくいからこそ価値がある、ということがありますから、疑似恋愛も大切なチャットの要素なんですよね。

お互いに楽しく素敵な時間を過ごすためには相手への信頼とほのかな恋心、これがライブチャットに効くサプリメントですし(笑)

ひとつの楽しみ方しかないというのは意外に寂しいものですから、いろいろな女の子とさまざまな経験をするのが、きっと、有効な愉しみ方なのかもしれませんね。


Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/150-b8162133
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 快適ライブチャット研究
Trackback from 快楽と苦悩の日々 ~なでしこライブチャット体験記~ 2009-01-21 (水) 19:53

この想いはどこへやれば?

#朝は取り乱して申し訳ありませんでしたww 今日の午前中に回復した銘柄は一旦リリースして様子を見る事にしました。 取得数の多い銘柄... (more…)

Home > スポンサー広告 > 星に願いを――チャットレディーへの恋心

Home > ライブチャットと恋心 > 星に願いを――チャットレディーへの恋心

星に願いを――チャットレディーへの恋心


星の数ほどというのはいくらか言い過ぎですが、数多の女性が存在しているこの世界で、そのなかでもとりわけ「チャットレディー」の方に淡い、あるいは真剣な、または情熱的な恋心を抱いている――もしかしたら、抱いてしまったとするのが正確なのかもしれませんが――男性会員の方も数多いるのでしょうし、そうした男性は、意中のチャットレディーとお話しをし終わった後に、空に浮かぶ数えきれないほどの「星」に願いをかけているのかもしれません。


星に願いを――


「チャットレディーとの恋」を語る前に、ひとつの前提として確認しなければならないのは、その恋心がどこに向けられたものなのか、ということです。


1.チャットレディーの方に恋をしてしまったのか?
2.チャットレディーをしているその女性に恋をしたのか?
3.恋をした女性がチャットレディーであったのか?
4.その、「女性」に恋をしているのか?


上記の「1」「2」「3」に関して言えば、まず、その女性がチャットレディーをしていなかった場合に恋心を抱いたかどうか――ここでは、出会いがライブチャットであったという前提は抜きにして――を確認する必要があります。


「ライブチャット以外で出会ったとしても、その女性に恋心を抱く可能性があったでしょうか?」

また、その先に待っている問いは、「それでは、チャットをしているしていないに限らず、女性として、その方に恋心を抱いているのでしょうか?」


この二つの質問にはっきりと「Yes」と答えられる男性会員の方は下記の文章を読み進める価値があるかもしれません――但し、以下に書くことは「チャットレディーの口説き方」ではなく、どのようにすればそうした恋愛感情から自由になれるか、あるいは、どのようにすれば男性会員とチャットレディーの双方とが「恋愛」という舞台(土俵)に上がれることが出来るのかについて考察されたもので、「恋愛成就」するにはというマニュアルではありませんので、ご注意を。



男性会員の方が、その恋愛感情から自由になる方法(結果も含む)は以下の通りです。


1.恋愛を諦める(自らの意思か相手の意思かは問わず)
2.恋愛をチャットのなかでのものと割り切る(疑似恋愛の線引きをきちんとする)
3.意中のチャットレディー以外の女の子に恋をする
4.意中のチャットレディーとの恋愛を成就させる
5.想いのたけを意中のチャットレディーに伝える


当たり前と思われるかもしれませんが、チャットレディーの方との恋愛も実際の恋愛も相手が女の子である限り大きな違いはありません。

ただ、ライブチャットの恋愛において障害になるのは、二人がもともと出会いを求めてライブチャットをしているわけではないこと、普通の恋愛では「出会い→相手に好意をもつ→恋愛感情」となるのですがライブチャッとの場合、男性会員はある程度自分の好みの女性にインするわけですから、「好意→出会い」と気持ちが一方的になりやすいこと、そして、二人の関係が「金銭」で結ばれていること、チャットレディーはあくまで仕事であること、です。


上記の4点のなかで、多くの人が「金銭が絡んだ関係」であることをその障害のもっとも大きなもののひとつに挙げるかと思いますが、実際にはそうとも言いきれないのでは、と思います。

その理由として、ひとつは実際の恋愛のなかで女の子とデートをする際の費用を、相手の子に気に入ってもらうために全て男性もちだとすれば、もちろん、ライブチャットとデートでは金額の比較は意味がありませんが、そこにはある程度の「金銭の関係」が成立してしまいます。
また、恋愛関係に発展したとしても、男性女性の双方の社会的な報酬の差異はどうしても関係性として「金銭」がクローズアップされるわけです。

譬え、相手に気に入ってもらえるように、あるいは「男の甲斐性」(いくぶんマッチョな発言ですが)としてデートをしている時に女性にお金を使わせない主義の男性からすれば、チャット費用もデートの費用も楽しい時間を過ごしているという意味ではあまり変わりがありません。


それでは、最後に挙げた、「チャットレディーはあくまで仕事」というのはどうでしょうか?

実際は、これがもっとも大きな障害になるわけですが――


「仕事」ではない恋愛においては、もし、女の子に意中の人、あるいは素敵だなと想う人が現れれば、他の人とのデートの数が減るかあるいはなくなります。
これはその女性の可処分時間とも関係していて、「デート」をするということはある時間を「消費」するわけで、実際にその時間で可能だった事柄が出来なくなるわけですから、女性にとってみれば、もっとも自分の気に入った人に時間を割くようになります。

反対に、チャットレディーの方の場合はあくまで「仕事」ですから、余程マナーが悪いであるとか社会性が著しく欠如した男性ではない限り、チャットをすることになるわけです。

また、「仕事」で得た報酬を自分の好きなこと(趣味だけではなく、生活にかかる費用なども含めて)に使えるというのが「お金」の強みで、デートでは素敵な時間を過ごすことが出来るかもしれませんが、そこで支出した「お金」を他のサービスに交換することが出来ないというのが「ライブチャット」と「デート」との大きな差異になるのでは、と思う次第。


それでは、実際に恋愛感情を抱いている男性からすれば、「どうしたらいいわけ?」となるのですが、それは至って簡単です。


上記のことを理解したうえで、魅力的な男性になること


チャットレディーも普通の女の子ですから、「チャットでは絶対に恋愛しない」とか「仕事なのに男性のことを好きになるわけがない」と思っている女の子でも、恋愛感情をもつことはない、とは言えません。

大抵、男性会員の方と会ったことのあるチャットレディーの方は口を揃えて、「会員の方と会うなんて想像してなかった」とか「どうして会おうと思ったのか今でもわからない」とか言うものですしね(笑)


とはいえ、たとえイバラの道だとしても、男女のことですから、何が起きるかわからないというのが本当のところで――

確率としては、かなりというか極端に低いとは思いますが。


これだけ、星の数ほどいるチャットレディーのなかで、自分の本当に気に入った女性を見つけられたことが、ある意味「奇跡」なのだ、と謙虚な気持ちで「星に願いを」かければその想いは通じなくはないのかもしれません。


「星に願いを」




関連記事
愛を止めないで~――ライブチャットの恋心
チャット・ロード、マイウェイ
♪癒えないよ~、好きだなんて~――ライブチャットの恋心
その画面の向こう側へ――口説き文句



Comments:4

musashi URL 2009-01-21 (水) 02:24

俺はスカウトを職業に、ナンパを趣味にしていた時期が長くあったんですが、出会いはやっぱり確立なんだという結論に至りました。
声をかければかけるほどに番号交換を出来る女性は増えますし、番号交換が出来た女性のうち、またある一定割合の女性は直接的に男女の関係へと発展する・出来るという結論です。
世間の男子が躊躇するほどには、女性は遠くないのかもしれません。
俺のリアル知り合いのチャトレも客と出会って、今は付き合っていますし。
兄貴の言う最低限のマナーと、誠実な口説きをもってすれば、相手も生身の女として応えてくれる確立は多くあると思いました。

有為。。。 URL 2009-01-21 (水) 10:11

スカウトを職業にされていたという方からの話しだと説得力がありますね。
確かに、分母の絶対数が多ければ、それだけ可能性は広がりますし…
それにしても、これだけチャットレディーの方の新規登録がある世界ですから、面白いものですね。
いろいろな女性の方がいらっしゃいますし。
musashiさんのサイトのようにコメントを添えてチャットレディーを紹介するのは情報として、貴重ですよ。

エヌ URL 2009-01-21 (水) 19:18

う~ん
これまた深い造詣ですね。
我々の年代は「恋愛の自由」を受験や規則ごとに奪われてその機会を置いてきてしまった後悔が多分にあります。

だからと言って今改めて取り戻したいとか
そういうつもりで無いから擬似なんですがねww
でもそれと決め付けなくても楽しい。
妻帯者となった今では「実らぬ恋」が当然なのですがww

有為。。。 URL 2009-01-22 (木) 01:26

トラックバックありがとうございます。

手に入らないから、または入りにくいからこそ価値がある、ということがありますから、疑似恋愛も大切なチャットの要素なんですよね。

お互いに楽しく素敵な時間を過ごすためには相手への信頼とほのかな恋心、これがライブチャットに効くサプリメントですし(笑)

ひとつの楽しみ方しかないというのは意外に寂しいものですから、いろいろな女の子とさまざまな経験をするのが、きっと、有効な愉しみ方なのかもしれませんね。


Comment Form

Trackback+Pingback:1

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/150-b8162133
Listed below are links to weblogs that reference
星に願いを――チャットレディーへの恋心 from 快適ライブチャット研究
Trackback from 快楽と苦悩の日々 ~なでしこライブチャット体験記~ 2009-01-21 (水) 19:53

この想いはどこへやれば?

#朝は取り乱して申し訳ありませんでしたww 今日の午前中に回復した銘柄は一旦リリースして様子を見る事にしました。 取得数の多い銘柄... (more…)

Home > ライブチャットと恋心 > 星に願いを――チャットレディーへの恋心

ブックマーク雑録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。