快適ライブチャット研究 - アダルトライブチャットと羞恥プレイ
FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > アダルトライブチャットと羞恥プレイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/105-86b16a0d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 快適ライブチャット研究

Home > スポンサー広告 > アダルトライブチャットと羞恥プレイ

Home > ライブチャット攻略法 > アダルトライブチャットと羞恥プレイ

アダルトライブチャットと羞恥プレイ


巷では、何かと「羞恥心」が話題なわけですが…
今回は、三人組ユニットの方ではなく、ライブチャットにおける「羞恥心」のお話し。


アダルトカテゴリーのチャットレディーの方のM度が比較的に強いのは、ライブチャットでは男性が女性に直接触れることが出来ないため、女の子のエッチなパフォーマンスを引き出すために男性から「お願い」や「リクエスト」をし、女性がそれに応えるという特徴にあるのかもしれない。

男性=攻め・責め
女性=守り・受け

という関係がライブチャットでは成立しやすいので、精神的にSの気が強い人よりもMの気がある人の方がどちらかと言えば、リクエストやお願いを受け入れやすく、負担が少ないのかもしれないと思う次第。

反対に男性会員からすれば自らのリクエストを受け入れてくれそうなM度の高いチャットレディーの方がインしやすいという心理もあるので、需要と供給を考えると、当然SよりもMのチャットレディーの方がより多く集まるのが自然の流れなわけで。
            
実際には、人間の心理というのは単純ではないので、SとMの二つにはっきりと分かれるかというとそういうわけでもなく、その状況や男女の関係性(社会的なものを含む――夫婦関係や恋人関係、上司や部下など)によっても異なりますが、ライブチャットの場合、インターネットによるつながり以外は男女を取り巻く関係性が希薄であるため、SとMも判りやすい形で表層化されるのだと思います。


また、ライブチャットの特徴である男女が身体的に触れることの出来ない、つまり肌を合わせることが出来ないということは、コミュニケーションとしての「言葉」と「映像」にかかる比重が大きくなり、それだけ言葉責めや見せ合いなどの羞恥心にかかるプレイが多くなる傾向にあるとも言えます。
そうした意味では、M属性の女性にとって、比較的に馴染みやすい羞恥プレイはライブチャットを楽しむ上で欠かすことの出来ないものの一つなのかもしれません。

そのチャットレディーが本来的にSかMかの見極めはなかなか難しいですが、ライブチャットという限定されたシチュエーションにおける羞恥プレイもまた興奮度が上がるのでは、と。

例えば――

女性にローターなどのおもちゃを感じやすい部分に当てた状態で、普通に会話する、とか(笑)

チャットレディーの方が、なかなか普通の会話が出来ない、我慢をする表情というのも、また、興奮度が倍増したり…



関連記事
あいしてルのサイン?――ライブチャットにおけるタイプ打ちについて
「いい子いい子」の効果と効用
チャットレディーのオモチャ――バイブ&ローターの表記


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://happylivechat.blog92.fc2.com/tb.php/105-86b16a0d
Listed below are links to weblogs that reference
アダルトライブチャットと羞恥プレイ from 快適ライブチャット研究

Home > ライブチャット攻略法 > アダルトライブチャットと羞恥プレイ

ブックマーク雑録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。