快適ライブチャット研究 - リンク
FC2ブログ

Home > リンク

リンク Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

チャットスタイル――あなたならきっと、大丈夫


いろいろな意味で、言葉や音、匂い、その他のさまざまなものが人と触れる度にするりと入ってくることもあれば、肌理の細かいなめらかな肌が水を粒状にして弾き返すようにどこかに飛んで行ってしまうこともあって、「何か」が伝わる、あるいは「何か」を伝えるというのは、とても難しいけれどその反面魅力的なものなのだ、と痛感というか震撼というか、ふと、気付かされる。


男性と女性――そう限定はしなくとも構わないのだけれど――がPCの画面を通してつながり交わるライブチャットに限らず、人が他人に「何か」を伝えるコトは難しくて、その人の人となりというか資質あるいは「自己表現能力」がコミュニケーションの大切な要素になるのですが、結局のところ、自分の「スタイル」というか変わることのないあるいは変える必要のないファンダメンタルな部分が確立されていることがコミュニケーションにおいては最も大切なのではないか、と思うわけですが。


リンクを貼らさせて頂いている「+キロク+」の管理人でもありチャットレディーでもある「マイ子」様の書かれた記事のなかで、コミュニケーション(金銭を介した関係も含めて)に大切なものがはっきりと語られていて、つい、うんうん、と深く頷きもし、凡庸な言葉を連ねるなら、そう、泣きそうになった、と書いたら大袈裟に過ぎるでしょうか。


 私、上っ面で人と関われないから。

 これは変わらない、変えたくない。


 関係ないけど、アダパフォこそが真の「パフォーマー」だ、って
 知り合いに言われたな。
 その人は私のパフォーマンスを見てそう思ったそうです。

 たしかにぃーーー。

 如何に自分を魅せるか、自己表現するか。伝えるか。




チャットレディーやパフォーマーの方にとってみて、男性会員の希望や要望に応えることももちろん重要ですが、それに加えて、自分に合った無理のないスタイルを確立している女性はやっぱり強いな、と思いますし、何よりエッチなことだけではなくてお話しをしていても楽しいですから、チャットスタイルを見つけられている人は稼ぎの面でも仕事としての精神的な充実度でも満足を得られているのではないでしょうか。


ライブチャットは「人と人」とが関わり合うことで始まり、始められるものですから、「これは変わらない、変えたくない」という部分があって当然ですし、むしろそれこそが重要ではないかとさえ思うのですが。


あなたのチャットスタイル――


きっと、あなたなら大丈夫。




Continue reading

チリンチリン――いらっしゃいませ、ようこそここへ


ブログ名を見れば一目瞭然なのですが、この「快適ライブチャット研究」というタイトルは、金井美恵子さんの知的な小説『快適生活研究』から敬意ある踏襲というか、要は「パクリ」をさせてもらっていて、文体自体も、そう、金井さんに影響されている部分があるにはあるのですが、まぁ、その洗練されためくるめく批評的な文章には到底及ばず、こういう駄文に落ち着いている次第。


さて、影響と言えば、コメントやメールなどいろいろと頂き、とても楽しくブログの運営をしているところで、数少ないとはいえ、定期的に通って文章を読んで頂ける訪問者の方がいらっしゃるというのは、本当に励みになるものだな、と痛感しています。


さてさて、こうして自分自身が訪問者の方を「待つ」という経験は、ライブチャットで待機されているチャットレディーの方と共通するところがあるのかもしれない、とふと思ったりするのですが――と書いて、ふいに思い出すのは、そう、ライブチャットでは男性がチャットレディーの方へログイン(覗きも含めて)すると、女性のパソコンから「音」が鳴り、男性の入室を知らせる機能のことです。


パーティチャットなどではよくこの音が鳴り、それだけで軽く緊張しもするのですが、私の場合、ログイン時よりもログアウト時のほうがなぜか緊張してしまい、それはコチラにひらひらと手を振りながら笑顔を見せてくれるチャットレディーの方とのつながりが、ログアウトのボタンを押してしまった瞬間に、不意に切れてしまう寂しさにあるのか、あるいは、また、ここで彼女と会うことができるのかどうかはわからないという不安な気持ちになるからなのか、はっきりとはしないのですが、そう、ボタンを押す指先が微かにためらいがちに震えるのは、このひとときが二度と戻ることはないという、切なさにあるのかもしれません。


と書くのは、前回の記事にコメントを頂いた『ALL YOU NEED IS LOVE』の管理人であり素敵なチャットレディーでもある、すず様の書かれた文章を読んで、ほろり、としたというかきゅっと胸を締め付けられるような思いがしたので、こうして記事を更新してしまう次第。


実際に――とても単純なので、素敵なコメントを読むと、つい反応してしまいます、すみません――


さてさてさて、その素敵なコメントを読んでいる時に急に頭に鳴り響いたのは上記のログインを知らせる音で、いくらか味気ない機械的なその音色は「いらっしゃいませ」と告げるチャットレディーの方の挨拶に聞こえなくもなく、チリンチリンというかテロンテロンと響くあの音がこれから始まる切なさを暗示してもいる、と書いたらあまりにも予定調和的過ぎるのでしょうか。


すずの音色に耳を傾け――


すず様の残した言葉のつらなりは、切なく、いくらか胸を締め付けられる、まるで小さく微かに金属と金属とが触れあう鈴の音色を連想させ、思わず――その音をゆっくりと味わうためにかそれともほろりとしてしまったのかはわからないけれど、目を閉じたくなってしまうのです。


あなたにも、聞こえるでしょうか?


切なく響くそのすずの音色が――


チリンチリン





記録と記憶――チャットレディー・マイ子さんのブログ


「記録」と書くと、さまざまな事柄を何かに記していくことを意味していて、例えば備忘録のように、忘れないようにメモするであるとか、読み返したりするための日記であるとかの、そうした自分の記憶を文字や文章などとして残していくという行為もそこに含まれている。

チャットレディーの方のなかなか見たり聞いたり出来ない本音の部分は、男性会員やチャットレディーの方にとっても知りたい情報の一つなのだけれど、それがより、赤裸裸というと語弊があるかもしれませんが、ストレートに面白く書かれているのがマイ子さんの「+キロク+」というブログ。

マイ子さんは、「地味な」チャットレディーと自らを称していますが、ブログを読んでいると、決してそんなことはないのでは、と思う次第(笑)
これだけ、文章とトーク力があれば、きっと、常連の方がいらっしゃるのではないかなぁ、と一人で想像してみたり(笑)


+キロク+

アダルトチャットレディーの方の本音を聞きたい方は必読の内容です。
また、これからチャットレディーをしてみたいけれど、不安が、という女性の方にもいろいろと参考になる部分が多いと思います。
女性にも男性にもためになる「記録」の宝庫、です。

興味のある方は是非ご一読を。

ではでは。


関連記事
すもももももももものうち――チャットレディー☆もも☆さんのブログ

Home > リンク

ブックマーク雑録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。