快適ライブチャット研究 - ライブチャット雑録
FC2ブログ

Home > ライブチャット雑録

ライブチャット雑録 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ライブチャットで会いましょう


銀座三越からブルガリを横目に見て、プランタン銀座、薄いピンク色の外壁が特長的なミキモト前を通り、有楽町へ。


連休中に予定していた旅行が急に都合が悪くなり、駅で新幹線の乗車券と特急券をキャンセルしなければならなかったので、どうせなら、と、銀座から東京駅のあたりを友達と一緒にお買い物に行ってきたのですが。


久しぶりに銀座を歩くと、ゴールデンウィークということもあるのか、改めて人の多さと各店舗の賑わいを肌で感じ、旅行をキャンセルすることも忘れかけ、気分もウキウキとしてきます。
銀座から有楽町、東京駅の周辺は、ぶらりと歩ける距離なので、晴れて穏やかな日和にはウインドウショッピングに最適なのではないでしょうか。


有楽町のマルイで友達の女の子が買い物があるからと言うので、お付き合いし、1階から各階停止でさまざまな店舗を見て廻ります。
各階の休憩用に置かれた椅子やベンチには、彼女の買い物を待っているのか少しだけ疲れた顔をした男性の方々が座っていて、まぁ、確かに、1階から5階まで「ねぇ、これ、どうかな?」とか「これ、似合うと思う?」、「これ可愛い、見て見て」などがいつ果てるともなく続く〈ネバー・エンディング・ストーリー〉に「ふぅー、疲れるって」と溜息をつきたくなる気持ちもわからなくはないというか、わかってしまうのですが。


そんなこんなをしていると日が暮れてかけてきたので、「夕御飯を」となり、マルイから国際フォーラムの方向を見やると「紅虎」の「鉄鍋餃子」の看板が視界に入り、二人で「今日は歩き疲れたからビールで棒餃子だな」と相成ったわけで。
有楽町駅から少し歩いたところにある棒餃子の美味しいお店に入り、100年に一度の不況などと言うけれど、女の子のファッションや雑貨に対する消費意欲というか購買意欲は高いものがあるのでは、などと話しながら、口のなかで肉汁が溢れる棒餃子を食べてビールで一日の疲れを癒しました。


でね、百貨店は照明もばっちりで店内も明るいから、可愛いものを探してお店を見て廻るのは楽しいのだけれど、やっぱり、入りやすいお店とそうでないお店があって、日本人だからかな、何かね、人がワーっといて賑わっているところだと、そこに飾られているものが、より可愛く見えるんだよね、不思議なことに、と彼女は言い、後はね、やっぱり、季節的なこともあるかもだけど、明るい色? に惹かれるかな、気分的に、と続ける。


百貨店をひとつのライブチャットサイトと捉えるなら、各店舗はチャットレディーの子にあたり、そこに飾られている可愛らしい服や雑貨などは、女の子のさまざまなパフォーマンスと考えることができるのではないでしょうか。
とするなら、男性会員の方もチャット率が高く賑わいを見せている女の子にログインしたくなるのでしょうし、明るい雰囲気で多様なパフォーマンスを体感できることがその女の子に惹かれる要因になるはずです。


ここ一週間はゴールデンウィークということもあり、普段はライブチャットを利用しない男性の割合が多くなることが考えられますから、その辺りがログイン率に影響するのかもと思ったり思わなかったり。


何が言いたいのかといえば、ゴールデンウィークの予定がぽっかり空いてしまったので、「ライブチャットで会いましょう」という、そうした人もいるのではという、そうした妄想。




本音(?)でお友達になって下さい(笑)


いくらかめまいがしています。


どうしてでしょう?


交流型ブログを標榜した手前、何やらモソモソといろいろなサービスを探してみたりしていまして。


MyBlogLogとかFriendfeedとか、交流型パーツとして面白そうだなと思い、登録をしてガジェットをこのブログに設置しようと試みたのですが、まぁ、いろいろとありまして断念しました。
その時にふと、他のライブチャットブログにはどのような交流型パーツがあるのだろう?と気になったので、いろいろとネットサーフィンをしていたのですが、見事に波にのまれてしまいました(笑)


結局のところ、交流型ブログパーツの旅は「Google Reader」を導入したところで断念し、それぞれの記事をナナメ読みしていると――ライブチャットの2chへのリンクが実に多いことに今更ながら気付き、そのなかで、「チャットレディーやパフォーマーの本音が書かれた2chのスレを読むと、サイトにインする気がなくなる」という魅惑的な見出しに出会ってしまい、まぁ、覗いてみたわけですが。


そのスレを読んでも、サイトにインする気がなくなることはなかったのですが、どうしてでしょう?


もちろん、美文醜聞引っ括めての掲示板ですから、なかには目を覆いたくなるような表現(内容ではなく)のものもありますが、それを読んだからといって、チャットレディーの方やライブチャットサイトに幻滅することはなかったですし、インする気がなくなるようなこともありませんでした。


どうしてでしょうか? 単に私がライブチャットに浸り過ぎていて神経が摩耗というか擦り減っているからでしょうか? それとも、単純に読解力がなかったからでしょうか?


と、意地悪く書くのは、ある確信があるからなのですが。


チャットレディーの方の本音、というのを皆さんは直接聞いたことがあるでしょうか?


チャットレディーの本音とされるスレは、読んでいてもリアリティーの感じられないものが多く、大ざっぱに要約してしまえばようするに「男は金にしか見えない」とか「稼ぐことが目的なのに、男ってどうしてそれがわからないのか、バカだね」のような、柔らかく書くと、そうした「お金」にまつわる話しがほとんどで、まぁ、ある意味正論なのですが、本音としてのリアリティーにはいくらか欠けるきらいがあると思うのですが。


当たり前のことですが、チャットレディーの方もお仕事ですし、働きながら稼ぎたくないと思っている女性はほぼいないとは思います。だけれど、実際にお金を稼ぐ段階になった時に、チャットレディーの方もただ単に「稼ぐ」という目的や志向だけではなかなか思うように稼ぐことができないことに気付くはずです。
稼ぐためには、当然、相手への気遣いや男性会員との信頼関係などの泥臭い部分が必要になってくるわけで、それを無視してお金を得ることは難しいのではないでしょうか。


また、アダルトチャットレディーという仕事をしているという負い目や後ろめたさから、本音ではなくとも、「男性はお金」と2chという匿名の場所でただ気持ちを吐き出しているだけなのかもしれませんし、周りの皆が書いているから、突飛なことを書くと叩かれるとか、実際には本音とはほど遠い、2chのなかのゲームに浸っているだけなのかもしれません。


単純な疑問なのですが、自分の本音を誰が読むのかもわからない場所で公開する意味というのは何でしょう?


もちろん、愚痴やイライラした気持ちをそうした匿名の掲示板で吐き出すことはあっても、それが本音だと、言えるでしょうか?
そもそも「本音」とは何でしょうか?


そんなことを考えていると、めまいがしてくるのです、「軽いめまい」が。


私なら――友人にしかきちんとした本音を言いません、とまでは言い切りませんし、友人だからこそ言えないことというのも、もちろん、あると思います。私なら、2chに「本音」らしきものを書き込むくらいなら、本音を言えるような友人を探すことに時間を費やします。


本音でぶつかり合えるのが本当の友達だ、とはよく言いますが。


本音を言える友人を探すこと――それが大切なコト。


もしよかったら、私と、本音(?)でお友達になって下さい(笑)




趣味のコトなど


会話に困ってしまったからなのか、単純に興味からなのかはわかりませんが、よくチャットレディーの方から、「有為さんの趣味って、何ですか?」と聞かれます。
「趣味は?」と聞かれると、う~ん、と考え込んでしまうとまではいかないまでも、どこまでが趣味でどこからが趣味ではないのかよくわからなくなるので、ここで整理してみようか、と。


ありふれていますが、趣味は――


読書、映画、音楽


読書と映画は、子供の頃から実家に大量の本と映画が溢れていたので、自然と好きになり、それが今でも細々と長く続いています。


特に読書は「趣味」の範囲に入るのか少し考え込んでしまうくらい、まぁ、読むわけで、もちろん、文字や言葉に触れるのが好きというのもあるのですが、装丁や文字のデザインなども好きで、絵本など、版や出版社によって装丁や絵が異なるものは、同じ内容であるのについつい「コレ、可愛いな」と買ってしまったり。
海外から日本の小説、評論等々幅広く読むので、どの話題でも食いつきます(笑)


映画は読書と同じくらいかそれ以上に「好き」なのでよく観るのですが、まぁ、語ると長くなるので、今回はこの辺りで切り上げます(笑)


音楽は、基本的には洋楽が中心で、ソウル、ジャズ、ブルース、ボサノヴァ、ラテン、ポップ、ソフトロック、ブリティッシュロックなどをよく聴きます。
日本の音楽や最近の流行曲については、友達から教わったり、チャットレディーの方から情報を収集したり、な日々です。


と、まぁ、大まかに趣味といえばこの3つなのですが、後は――


ロック・クライミング


意外ですか? よく言われます(笑)


身体を動かすのもまぁ、嫌いではないので、この年齢になっても無理なく続けられる運動は、どうしても個人スポーツになってしまって、今でも続いているのはロック・クライミングです。大きな岩とか壁とかにへばりついて登っていく、アレです。
結局のところ、クライミングなどは趣味で楽しむ分には、目標を自分で設定して充実感を得るものなので、ある意味気楽で長く付き合えますし、体力の衰えを感じるには申し分ないスポーツです。


そうそう、それと、忘れていましたね、大切な趣味、それは――


ライブチャット(笑)


まぁ、趣味というかライフワークに近いノリがありますが、一応、ライブチャットは大切な趣味の一つです。結構長く続いているしな~、とか、今まで休止していた時期はありますが、止めようと思ったことは一度もないので、多分、好きなんでしょうね。というか、おそらく愛している(笑)


と、数少ない読者の方にとって何の有益な情報もない記事ですが、いかがでしたでしょうか?


他に何か聞いてみたいことやライブチャットにおける相談等ありましたら、お気軽にコメントやメールでも頂ければ、幸いです。




Home > ライブチャット雑録

ブックマーク雑録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。