快適ライブチャット研究 - ライブチャット入門
FC2ブログ

Home > ライブチャット入門

ライブチャット入門 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ピーチドロップ


水中の泡のなかで
桃がゆっくり回転する
そのうしろを走るマラソン選手
わ ヴィクトリー

吉岡実




 落ちる
 また、落ちる
 水蜜桃のサラリザラリとした
 手触り
 柔毛の白い白さの透明な
 色
 
 そうして、そう、また
 熟れる
 また、熟れる
 甘美なまでの果実の滴り
 そうではなく
 滴る果実の甘美さ

 溺れる
 また、溺れる
 そう、また、甘美なまでの苦しみ
 呼吸
 溺れることの甘美さ
 息が

 桃
 落ちる
 また、落ちる
 熟れ、滴り、溺れる
 また?
 そうして、そう、また甘美さに溺レル


 ――ピーチ・ドロップ或はヴィクトリー


 『また終わるために』
 『いざ最悪の方へ』



 

「東男と京女」――トコロ変われば気分も変わる


気分が滅入るとはいかないまでもいくらか物憂い気がするのは、生活のいたるところで新人社員や新入生などのフレッシュさが溢れ、それはもちろん、もう自分があの頃の期待や不安やドキドキやワクワクを二度と味わうことができないことに対するのではなく、単に、「あ~、あの頃から何だか全然変わってないなぁ~、成長してるのかな~」という馬齢を貪っている残念な気持ちになるからで、まぁ、それはさておき、若い頃と一つだけ変わったコトは、そう、「lコレステロール値が基準値を越え」てしまったことで、ふぅ~、疲れるって、と退嬰的な気分になりもする。


健康診断が間近に控えるこの時期のもうひとつの行事と言えば「歓迎会」で、この歳になると「慣れ」が先行しているためか、顔合わせのドキドキワクワクな気持ちの盛り上がりにも欠けるのですが、今年は少しだけ面白いことがあって、それは、寿退社が決まり先々月に「送迎」したはずの仕事場の女の子が今月も平然と出社しているので、「アレ、どうしたの?」と聞くと、「イヤ、後任がなかなか決まらないので、10月まではここに残ることに」とのこと。
確かに、彼女の仕事は専門性の高い技術職であるため、なかなか適任の人材が見当たらないのも頷けるのですが、結婚が決まり、彼氏の仕事の都合で関西に住むことになる、と言っていたはずなのに大丈夫なのかな、と思い、率直に聞いてみると、「イヤ、いろいろとあるんですよ」と意味深な含み笑いをするので、そう、とだけ答えて会話を打ち切ったのですが。


彼女はもともと関西の出身で、サバサバしているなかにもおっとりとしたところがあって、仕事でも付き合いやすい雰囲気の女性だったのですが、そうした折りにふと気付かされるのは、なぜか関西出身あるいは在住のチャットレディーの方に惹かれることが多く、そう思い出すのは有名なあの言葉――「東男と京女」で、そうした女性の「どこに」強く惹かれるのか、未だに不思議ではあるわけで。


単純に考えれば、言葉のアクセントや訛りに惹かれている部分もあるか、とは思うのですが、それよりもおそらく、もっとも女の子に興味のあった思春期の時期に、関西の女性が周りにはいなかったために、不思議さと新鮮さとミステリアスな部分にココロが揺り動かされるのでは、と思う次第。


例えば、今でこそ聞き慣れないということはないですが、情緒感のある「訛り」や「アクセント」に接するとそれだけで、自分とは違う生活をされてきたのだろうなという興味や新鮮さを憶えてしまい、それまでの凝り固まった人間関係の記憶のなかで、特長的な存在として関西の女性が際立つということがあります。
生活が違えば考え方や感じ方が当然異なるわけで、そうしたミステリアスさに、ココロが浮き立ち、簡単にノックアウトされてしまう次第。


さて、ライブチャットでは、実にさまざまな女性とコミュニケーションをとることができるのですが、それは普段の生活では接することのない女の子もサイトに登録していることも意味していて、このコミュニケーション・ツールを楽しく利用すれば、全国各地にお気に入りの女の子をつくることも可能なわけです。まぁ、そこにひそやかな愉しみを見出す人はマレなのでしょうが。


地域も変われば雰囲気も気分も変わりますから、「何だか最近、ライブチャット自体にマンネリ感があるな~」という男性会員の方は、そのあたり、一度試してみるのはいかがでしょうか。


「東男と京女」――確かに、ソレってあるよね、と強く感じる今日この頃。


そう言えば、最近、清水寺の満開に咲くアジサイを観に行ってないな、と思いつつ、三本の滝で、健康と恋愛の願掛けをしたほうがよいのかな、などと思う次第。




あなたの「スペシャル」なことを教えて下さい(笑)

毎日がスペシャル~


そんな素敵な歌が「毎日」流れていたこともありましたが。
文字が無駄に大きいのは気にしないで下さい。文頭なので、インパクトが欲しかっただけです。
すみません、嘘です――ただ、可愛らしい♪が使いたかっただけです(笑)


どの記事もスペシャル~


そうありたいと願っています。
すみません、しつこかったですね(笑)


さて、気を取り直して――あなただけが「特別」なの、そう、女の子に言えたらあるいは言われたら、それだけで――


毎日がスペシャル~


という気分になると思うのですが、この「特別」というのはライブチャットに限らず、女の子にとっては特別な意味をもっている言葉です。
彼女とケンカした時とか、女の子が男性から大切に想われていないと感じた時とか、女の子が急に不機嫌になる時などは決まって、「ねぇ、アタシって、あなたにとってのナンなの?」と質問というか尋問というか詰問が飛んでくることがままあるはずです。
そうした際にスマートに、あるいは女の子を納得させるような言葉を返すことができなければ当然、「アタシの存在ってあなたにとって、特別じゃないんだ」と、取りつくシマもなく呟かれるのではないのでしょうか。


女性にとって、大切な人から愛情をきちんと示されていないと感じた時は、自分の存在を否定されたような、どうでもよい、つまりは「誰でもよい」ような存在のように考えられている、と、思い込むことが多く、もちろんそうしたことは我慢がならないことでもあるのです。


No.1にならなくともいい~


という大ヒット曲もありますが、当然、女性は常に男性にとっての「オンリーワン」でなければならないわけで。


これは、ライブチャットにも言えて、男性会員から「特別」な存在として想われることは、チャットレディーの方にとっても嬉しいことなのではないでしょうか。その場限りでも、その時だけでも、男性会員が特別な愛情を女の子に捧げること――そうすれば、チャットレディーの方にとっての特別な男性会員にあなたもなれるはずです。特別であるからこそ味わえるコミュニケーションやパフォーマンスがそこにはあります。


あなたに~女の子の一番大切な~モノをあげるわ~


などと、言われてみたいものですね。


というわけで、あなたにとっての「スペシャル」なこと、異性から受ける「特別感」というのはどんなものでしょうか?




Home > ライブチャット入門

ブックマーク雑録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。